会社方針

  • ISO関連
  • 行動規範
  • 情報セキュリティ

基本方針

株式会社 勝光社は、お客様の信頼、企業の社会的責任(CSR)をあらゆる活動の原点におき、企業価値を高め、より高品質、高付加価値を提供し、企業を永続させることを経営理念として事業活動を遂行しています。『勝光社 行動規範』は、この経営理念の精神を具体的な行動に移す際に守るべき重要な事項をコンプライアンス(法令を遵守する)の観点からまとめたものであり、㈱勝光社のあらゆる事業活動に対して優先されるものです。

株式会社 勝光社の役員および従業員は、この行動規範に則りその内容を理解し法令および社内のルール、社会規範を遵守し、誠実かつ公正な企業活動を遂行しなければなりません。

この行動規範、法令、社内ルールに対する違反が認められた場合、事実関係の調査、対応策の策定、監督当局への届出、関係者の処分等、必要な措置を講じます。

基本姿勢

  • 関係法令の遵守
    適用される各種法律・規則を厳格に遵守します。
  • 国際ルールや各国法令の遵守
    コンプライアンスの観点から、遵守すべきルールは国内のルールにとどまらず国際ルールや株式会社 勝光社が事業展開する(海外法人等)各国の慣習・法令を遵守します。
  • 公正かつ自由な競争
    独占禁止法等の関係法令を遵守して、公正で自由な競争を妨げる行為を行いません。
    また、取引上の立場を利用して不当に相手方に不利益を強いる等の「不公正な取引方法」に該当する行為を行いません。
  • 利益相反行為の防止
    会社の正当な利益に反して、自分や第三者の利益を図る行為(利益相反行為)は行いません。
  • 職場環境
    労働関係法を遵守し、安全で健全な職場環境を維持します。
  • 反社会勢力に対する姿勢
    暴力団、総会屋等の反社会的勢力による圧力や要求に屈することは、結果的に反社会的な行為を助長することになります。自らの社会的責任を充分に認識し、反社会的勢力に対しては全社を挙げて毅然とした態度を維持していきます。
  • 接待・贈答
    業務上の地位を利用して、金品その他の不正の利益を得ることや法令に違反したり社会的に不相当な接待・贈答の授受は行いません。
  • 取引の適切性
    取引先と健全な関係を確保し、適切かつ公正な取引を行います。
  • 差別の禁止
    人権は、世界的に認められた価値基準です。性別、年齢、職業、国籍、人種、思想、宗教、社会的地位または門地等を理由とする差別や人権侵害は決してしません。
  • ハラスメントの禁止
    セクシュアルハラスメント等のいかなるハラスメントも容認しません。
  • 地球環境への配慮
    地球環境の保護が重要な責務であるとの認識に立ち、関係法令および各種規制を遵守し、地球環境との調和、環境の改善に配慮して行動します。